other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

NIKE SB REACT LEO CACAO WOW/BLACK

11,550円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • 4(23cm)

    ¥11,550

  • 5(23.5cm)

    ¥11,550

  • 6(24cm)

    ¥11,550

  • 6.5(24.5cm)

    ¥11,550

  • 7(25cm)

    ¥11,550

  • 7.5(25.5cm)

    ¥11,550

  • 8(26cm)

    ¥11,550

  • 8.5(26.5cm)

    ¥11,550

  • 9(27cm)

    ¥11,550

  • 9.5(27.5cm)

    ¥11,550

  • 10(28cm)

    ¥11,550

REACT LEOは、プロスケーター Leo Baker(レオ・ベイカー)の初のシグネチャーシューズ。 これまでカラーシグネチャーは出ていたけど、今回は、完全に彼のオリジナルシューズ。 インソールは、ズームエアではなくて、リアクトソール。衝撃吸収性と反発性に優れ、足を入れた瞬間から馴染んでくれるスケーターに人気のソール。 アウトソールは、パッと見た感じはバルカナイズドソールだけど、履いた感じは、カップソール並みに軽い。アウトソールもものすごく柔らかくて軽い。履くと「これ絶対スケート調子良いシューズ」と感じる。柔らかいソールは、耐久性が低い場合が多いけど、ヒールのステッチ補強で回避。長く履けるシューズになっている。 アッパーは、レザー、スエード、キャンバスの3種類を使用している。オーソドックスなスケートシューズという感じで、奇をてらっていなくてカッコいい。トリックで摩擦が起きる部分は、しっかりとダブルもしくはトリプルのステッチで縫製されている。同じトリックを何時間も練習するレオらしい本気のスケートシューズに仕上がっている。 パイピングとスウッシュが交差するデザインがスピード感あってカッコいい。キャンバスには、シグネチャーの証であるLeOが配置されたオリジナルテキスタイル。 REACT LEOは、女性として獲得した東京オリンピック出場資格を捨てて、自分らしくあることを選んだレオ・ベイカーの新しいスケートスタイルを共に作っていくシューズ。NETFLIXで公開されている彼のストーリーもぜひチェックしてみよう。 「ステイ・オン・ボード: レオ・ベイカーのストーリー」 https://www.netflix.com/jp/title/81018205

セール中のアイテム